訪問介護施設一覧~紹介サイト 福岡Top >  福岡県の施設 >  特別養護老人ホームあかま

[スポンサード リンク]

特別養護老人ホームあかま

 施設の名称
 特別養護老人ホームあかま
主業務など
特別養護老人ホーム.短期入所施設.
所在地
811-4175 福岡県宗像市田久3丁目11-1
お電話番号
0940-38-9000

【介護施設に関するお役立ち情報】

生活科学運営が、ワーカーズと組んだ狙いは、ホームは地域から為、存在感を示すためにも交流機能を持つことが重要だと考えられる為だと考えられています。

ワーカーズのように「地元の人材などにホームを支えてもらいながらサービスを提供する」という生活科学運営の手法にすると街に活力をもたらすのは交流ですね。

高齢化社会に入っていく中、老後の住まいとして考えられている高齢者向け共同住宅ですが、広く知られていくにつれ、問題も見えてくるようになって来ました。

施設を経営する側に寄せられる問題では、住宅を探して欲しいと言うので希望条件などを伺うのですが、現状既存する施設とニーズが合わなくて困っていると言う問題が出てきたと言います。

こう襟者向け共同住宅は、年金で支払える程度の家賃だとか、下宿や量を改築したと言う経緯から、6~8畳ほどの1間が多いのですが、二間が欲しいとい住宅にゆとりを求めてくる事も多くなってきました。

そういった施設に入居希望者が集中してしまうため、他の物件に人が集まらなくなり、入居者募集に苦労そていると言う事になっているようです。

高齢者向け共同住宅を作ろうとすると老人福祉方の「常時十人以上の老人を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供することを目的とする施設」というところにあたり、これに該当すると「有料老人ホーム」の定義に該当してしまうため、都道府県への登録の届出が必要になってきます。

この状態のまま有料老人ホームとして登録せざるを得ない状況になった場合は、各都道府県に申込みをして、防火設備や介護のために人員の手配も必要となってきます。

この登録をするための設備投資は個人には負担が大きすぎるため有料老人ホームの定義に合致しないよう、老人以外の年代の人を入居させたり、サービスや食事の提供回数を減らすしかなくなってしまい、質を落とす結果になりかねません。

個人事業主に対しても公的な補助があってもいいのでは?という声が多く聞かれます。

関連エントリー

訪問介護施設一覧~紹介サイト 福岡Top >  福岡県の施設 >  特別養護老人ホームあかま